ぬくもりんく

タイガー魔法瓶
  • Facebook
  • Instagram
  • Tweet
  • Google+
  • LINE

関西発 農家ごはん

「米作りの第一歩、奈良で田植え体験」

2017年06月29日

◇稲刈り体験に続いて田植え体験!


こんにちは、くっきーです。

昨年の秋、お米をよく知るために稲刈り体験をしました。(稲刈り体験記はコチラ)

手で刈るというのはとても大変でしたが、後日届いた自分で収穫した新米のおいしさといったら…!こうなると次は稲を自分の手で植えて、育てて、収穫したい…と思うようになりました。

そこで昨年に続き、有機農法でお米や野菜を育てている奈良のeminini organic farm(エミニニ オーガニック ファーム)さんに田植えを指導していただきました。

img_5669

 

◇有機米の育て方


eminini organic farm さんの有機米作りのコツは、農薬を使わないことはもちろんですが(有機肥料などは使用可能)、通常よりも間隔をあけて1本ずつ植えること、苗を植えたら大豆屑をまくことなどが挙げられます。

苗は通常、1本植えると30本ほど分げつ(根元から新芽がでること)するのですが、間隔をあけて植えることで、全方向に広がって育ちます。そうやってノビノビと育った稲は光を浴びやすく、さらに風もとおしやすくなるため病気に強くなるそうです。

さらに大豆屑をまくと水田のなかの酸素を吸着し、有機酸がでて栄養になるほか、稲より背の低い雑草が肥料焼けを起こして育たず、除草する回数も少なくなるとのこと。

稲への栄養補給と除草が一石二鳥でできるなんて、よく考えられている農法だなと感心しました。

img_5685

 

◇田植え開始!


さあ、1本ずつ手植えします!植える品種は「ヒノヒカリ」、味、香り、粘り共にバランスの良いお米です。
手順は
①目印を結んだヒモを田んぼを横切るように張り、その目印の下に苗を1本ずつ植える。
②ヒモを25cmずつ後方に移動させて、目印の下に苗を植える。

この繰り返しです。

今回は昨年の稲刈り体験から参加メンバーが増えたので、心強い!

04

 

苗床の苗を1本ずつ選り分け、人差し指と中指で根元を優しくはさみ、第一関節くらいの深さに苗を植えてゆきます。

苗をむにゅっと土にさしてピーンときれいに立てられるとなんだか気持ちがいい!

02

植えるのはそれほど難しくないのですが、田んぼの土に足がとられるのが大変。
「つま先から土に入るようにして、抜く時はかかとから」と教えていただいたのですが、メンバーのひとりはお約束のように、足が抜けずにひっくり返っていました。

また、まっすぐ下がらずに植えるべき場所に足を突っ込んでしまうと、その部分の土が掘れてしまい、苗が植えにくくなることも、身をもって学びました。

03かかとから抜くように意識すると上手く後ろに下がれます。

 

最初はてこずっていたメンバーも、徐々に植え方、田んぼでの足の抜き方、下がり方のコツをつかんできました。横一列に並んで、目印に沿って植えていきます。後は繰り返し、無心で進めていきます。

img_5701
img_5721

それでも中盤まで来ると、かがみっぱなしの腰が「アイタタタ…」。
腰をのばしついでに、今まで植えた苗のラインを見ると、ガタガタしているような?まっすぐに植え直したい気分になりましたが、時すでに遅し?!

気をとり直して、作業再開です。

img_5728

終盤になるとヒモを持つメンバーの「次、行きまーす!」の掛け声で体が自然に動きます。
日光で温まった水や土の感触も心地よく、土に触れる楽しさを実感しながら作業を進めていきます。

img_5740水田用除草機の「アイガモン」。農業用具にも「カワイイ」の流れがきているのでしょうか?

さあ、あと残りわずかです!

今回の田植えは6人×2組にわかれて体験しましたが、みんなで最後の瞬間を見守り…
img_5748

そして田植え完了!

img_5759

植えたばかりの稲は風にそよそよと揺れ、まだ頼りない感じです。でも「翌日には根を張り出すんですよ」と聞き、「稲の成長力はすごいな」「暑さ寒さに負けず、しっかり成長してほしい!」と、みんなが感慨深く眺めます。

 

 

◇田植えを終えて


昨年の稲刈り経験とメンバーの団結で、田植えは思っていたより順調に進めることができました。
ただ、田植えは米作りの第一歩。作業の丁寧さが今後の成長に影響すると感じました。なお、田んぼ全体に植えるのにかかった時間は約2時間。田植え機なら10~20分で済むそう(汗)。それでもぬかるむ土と格闘し、汗をかきながら苗を植えたことで、今後の成長がいっそう楽しみです。

img_5745

今後もこの秋、黄金色の穂がたっぷり実るまでの成長ぶりを報告していきたいと思います。お楽しみに!

人生初めての田植え、無事完了しました!秋の収穫まで見守っていきます。

 

◇訪問先のご紹介


【eminini organic farm(エミニニオーガニックファーム)】

https://www.facebook.com/eminini.organic.farm/


 

【昨年の稲刈り体験】

http://www.nukumolink.jp/b-localfoods/1267/