ぬくもりんく

タイガー魔法瓶
  • Facebook
  • Instagram
  • Tweet
  • Google+
  • LINE

関西発 地元のおいしいもん探訪

かまど炊き体験 at ソラノネ食堂(後編)

2016年11月07日

みなさんこんにちは、タイガー魔法瓶のくっきーです。

 

前回お届けした、前編に続きまして、後編の今回はいよいよかまどに火をおこし、ご飯を炊いていく過程からレポートしていきます。

 

◇かまどのご飯は五感で炊く


ソラノネ食堂では薪を使って火をおこします。

薪の組み方を教わり、いざ点火。

img_3664

 

新聞紙に火をつけ、後はひたすら竹筒でかまどに空気を送り込みます。

むむっ!

雨上りの湿気のせいなのか中々薪に火が移りません、頑張って吹くものの火は大きくならず、一度消えてしまいました…。

fullsizerender-1

 

スタッフの方にご指導頂き、もう一度薪を組み直して再チャレンジ!失敗を繰り返さないよう最初から力いっぱい空気を送り込みます。

今度はうまく火がおきました!

 

炊飯器やコンロだとボタン1つの作業がこんなに大変だったとは…。苦労の甲斐あって火は赤く力強く燃え上がり、釜を包み込んでいきます。

imgp2620 fullsizerender-2

しばらくすると、釜から蒸気が上がってきました。水が沸騰しお米を炊き上げる工程です。蓋に手をあてると、ジリジリと振動が伝わり、沸騰の力強さが体感できます。

 

さらに蒸気は力強さを増し、蓋の四方から勢いよく吹き出してきました。まさに想像していたかまど炊き風景そのものです。

この中で美味しいご飯が炊けている、そう思うだけでもう堪りません!が、ここはじっと我慢です。

fullsizerender_2 img_3665

少し待っていると、スタッフの方から

「釜の近くで音を聞いてみて下さい」とのこと。

釜に耳を近づけると「チリチリ」とも「ジリジリ」とも聞こえるような小さな音がします。この音が聞こえてきたら炊き上がりはもうすぐ。薪の数を減らして火力を弱め、残りの火で炊き上げます。

 

かまど炊きは目で見て、肌で感じ、耳で聞く、時には香りを嗅ぐことも。

五感を使う調理なんですね。

薪の火も小さくなり、蒸気も少なくなってきました。炊き上げの見極めはスタッフの方と一緒に。音と香りで判断するのですが、我々では「うーん、難しい!」が本音です。ここが見極められるよう精進します。

imgp2630 fullsizerender_3

 

ご飯が炊きあがったら釜をかまどから外し、椅子に置きます。このままの状態で5分間放置。これが蒸らしになります。蒸らしでは釜の中の余分な水分を飛ばし、ご飯がべたべたしないようにする効果があります。

fullsizerender_4

 

さあ、蒸らしも終わり、いよいよかまどご飯が目の前に。

「開けますよ~~、それっ!」

蓋を開けると共にぶわっと湯気が立ち上がりました。

「わぁ~~~!」

ご飯がつやつやと輝いています。これは美味しそうだ!

imgp2652  img_3666

炊上ったご飯は手早くおひつに移します。木のおひつに移すことで、ご飯から出る余分な水分を木が吸ってべたつきを抑えてくれるのです。

 

◇いよいよ実食!かまどご飯


おひつを抱えてレストランに移動、いよいよかまどご飯を頂きます。お米を研ぎだしてから1時間余り、苦労の分だけ期待に胸が膨らみます。

imgp2664

 

ご飯を茶碗によそっていくと、すでに粒が立っていることが分かる出来栄えです。よそったご飯の美しい事!(苦労した分のひいきを差し引いても…笑)

まずはご飯だけでいただきます。

imgp2688  imgp2696

「おっ、これはうまい!」

甘み、粘りがしっかりと感じられながらも、口の中でご飯がさっとほどけるような食感。一粒一粒がしっかりと炊き上がっているのを感じることができます。

炊飯器で炊くご飯もおいしいですが、さすがかまどご飯。苦労した甲斐もあり一段とおいしく感じられました。

 

「かまど炊き体験」には炊き上げたご飯の他に、地元の食材を使ったお惣菜がセットになっています。またこれがご飯に合う。

fullsizerender-4

 

どんどん食が進み、あっという間に茶碗がカラに…。

でも大丈夫。

1人分1.5合とご飯はたっぷりあります。おかわりして、さあ、2,3杯目を!

fullsizerender_5

最後の一膳は〆の卵ご飯!

きれいに立ったご飯に張りのある卵、おいしくない訳がありません。しっかりかき混ぜ、口にかきこみます。

「う~ん、これまた美味!」

今回は卵料理を、卵焼きと生卵から選べましたが、迷わず両方とも注文しちゃいました(一品分は別料金です)。

fullsizerender_6

おいしいご飯においしいお惣菜と卵、たくさんあったご飯もいつの間にか完食です。

「あぁ、おいしかった~、ごちそうさまでした!」

 

◇やっぱりご飯はおいしかった


今回初めての「かまど炊き体験」を終え、改めてご飯のおいしさ、魅力を感じることが出来ました。

火をつけ、音や振動、香りを感じながらかまどの前で一目離さずご飯を炊く。暑くて面倒なことかもしれません、ただ出来上がったご飯を一口食べればその苦労も吹き飛ぶおいしさでした。

 

ご飯が大好きな方には是非ともかまど炊きを体験して頂きたいと思います!

そして普段のご家庭でのおいしいご飯には、是非タイガー炊飯ジャー「炊きたて」を、よろしくお願いしますね(笑)

苦労した分、おいしさは格別です!

 

◇訪問先のご紹介


【ソラノネ食堂】
http://soranone.jp/

【かまど体験】
http://soranone.jp/taiken

imgp2664